お金を節約したい!借りたい!稼ぎたい! そんなあなたを応援するマネーポータルサイト

キャッシング・ローン

フラット35の魅力

2015日05月14日(木) PM 6時34分

変動金利が1%を大きく下回る状況なので、長期固定金利はイマイチ人気がないようです。
フラット35の2015年5月適用金利は15年から20年以下の金利で1.23%となっています。
融資の事務手数料を加味しても1.43%程度の金利となり非常に魅力的な金利です。
金利が上昇始めてから借り換えるのも手ですが、審査機関から融資実行には1カ月程度かかるので、この間に金利がさらに上昇してしまうリスクもあります。
安いうちに買うというのは行動の鉄則ですが、金利上昇の気配がない中で1000万円を超える金額の判断をするのは難しいですね。
とはいえ、現在の住宅ローン金利が過去最低水準であり、今後さらに大きく低下する可能性は低く、このタイミングで長期固定金利に乗り換える検討をする価値は十分あると思います。
返済額のシミュレーションでは新生銀行の住宅ローンページになるシミュレーション機能が使いやすく分かりやすいものになっているので、変動金利とフラット35の借り入れについてそれぞれの毎月の返済額の違いを計算してみるとよいでしょう。
この際、金利が1%上昇したと仮定した変動金利の毎月の返済額も念のためにチェックしましょう。
この金利上昇が許容できる場合、変動金利を選択する意味はあるでしょう。

Copyright(c)2008-2017 Life Solution,Inc. all rights reserved.